​超音波断層撮影装置①

Aixplorer(Supersonic imagine社製)

剪断波エラストグラフィ法により、生体組織の材質特性(硬さ)を評価することができます。

​超音波断層撮影装置②

Prosound α7(日立アロカメディカル社製)

ハイスピード(約100Hz)で撮像が可能なため、運動中のダイナミックな筋線維や腱組織の動態を観察することができます。

​表面筋電図システム

Bagnoli-8(Delsys社製)

FA-DL-140, -141(フォーアシスト社製)

​いずれの装置も16チャンネル以上あるため、複数の筋のデータを取得できます。

定電流​電気刺激装置

DS7AH(Digitimer社製)

筋や神経の刺激に使います。

レーザー式酸素動態測定装置

BOM-L1TRW(オメガウェーブ社製)

筋などの組織の酸素動態を計測することができます。

A/D変換器

PowerLab 16/35(ADInstruments社製)

複数台あります。解析ソフトもあります。

その他 学内利用可能設備

​等速性筋力計

Biodex System4(Biodex Medical Systems社製)

※スポーツ健康医科学研究所設置

​MRI装置

AIRIS Vento(日立製作所社製)

磁場強度は高くありませんが(0.3 T)、オープンデザインのため、一般的なMRI装置(トンネル型)よりも測定姿勢の制限を受けず、さまざまな姿勢での測定が可能です。

※スポーツ健康医科学研究所設置

​三次元動作解析システム

VICON社製

カメラは計13台あります。

※バイオメカニクス研究室設置

フォースプレート

KISTLER社製

​※バイオメカニクス研究室設置

フォースプレート内蔵トレッドミル

テック技販社製

2枚のベルトの下にそれぞれフォースプレートが設置されているため、歩行時でも左右脚それぞれのデータを取得できます。

※バイオメカニクス研究室設置

無線型表面筋電図システム

NORAXON社製

8チャンネル分のセンサーがあります。

※バイオメカニクス研究室設置

などなど

© 2019 - Muscle Performance Laboratory. All Rights Reserved.